育毛剤とヘアサイクル

育毛剤とヘアサイクル

育毛剤とヘアサイクル

 

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれるものがあります。
このヘアサイクルですが、髪の毛というのは成長期から退行期、さらに休止期にまで至ると再び成長期に戻っていきます。

 

髪が抜け落ちる休止期が3ヶ月程度あり、髪の毛が成長を続ける成長期が2年間から7年間、そして退行期は3週間程度になります。
このサイクルを繰り返すことによって髪の毛というのはどんどん生え変わっていきます。

 

ちなみに健康な髪の状態の人でも、髪の毛は一日に50本から100本は抜け落ちてしまいますので、髪の毛が抜けたからといって慌てる必要はありません。

 

このようなヘアサイクルから見ると、退行期に入った髪の毛が育毛剤の効果を得て髪の毛を生やし始めるまでには3ヶ月はかかるといわれているのです。

 

もちろん3ヶ月後には新しい髪の毛が生えているというわけではなく、新しい髪の毛が生えてくるというわけではありません。
新しい髪の毛が生えてくるうえで必要な土壌が整い始めると考えると良いと思いますよ。
この新しく生えてきた髪の毛にコシがあれば育毛がしっかりと行われている、と判断することができるでしょう。

 

このようなヘアサイクルからも、育毛剤を使用しても短期間で効果を得られるものではなく、ある程度の時間が必要だということがわかりますよね。

 

薄毛の対策はプロペシアで

 

薄毛の対策にプロペシアを病院で処方してもらって飲んでいます。
それなりに値段も張るんですが、それよりも髪の毛を取り戻したいという気持ちのほうが強いので、頑張って続けています。
なんだかんだでもう3ヶ月過ぎましたね。
ありがたいことに初期脱毛や副作用も無く飲用できています。
抜け毛もずいぶんなくなりましたし、薄かった部分には徐々に産毛も生えてきてくれています。
3ヶ月でこれなら、プロペシアはかなりの効果なんじゃないでしょうか。
もちろん個人差があるでしょうから、絶対とは言えませんが。
とりあえずはこのままプロペシアを飲み続けて、しっかりとした髪の毛を生やしていきたいですね。
1年間くらいは最低でも続けていきたいです。
薄毛で悩んでいる人、抜け毛で困っている人にはプロペシア、かなりお勧めなんじゃないかと思います。
病院へ行けば案外簡単に出してもらえますので、ぜひ試してみてください。

更新履歴